UMAI

日本ハムグループ品質方針

日本ハムグループは、すべての事業活動において
『「OPEN品質」~開かれた食品づくり~』を推進し、
お客様の期待と信頼に応えます。

「OPEN品質」とは
1:OPEN=お客様の立場から知りたい情報をできるだけ開示する。
2:品質=お客様が要望する、安全、安心、おいしさ等の価値

1.法令の遵守

関連する法令はもとより、「日本ハムグループ品質保証規程24項目」を遵守します。

お客様に安全で満足いただける商品をお届けするためには、調達、生産、製造から流通、販売にいたるまで、食品に関係する様々な法令を遵守しなければなりません。さらに、法令を遵守するだけではなく、自ら策定した「日本ハムグループ品質保証規程24項目」を遵守して業務を遂行し、お客様により満足していただける商品をお届けします。

2.品質保証ネットワーク

すべての事業で情報を共有し、連携して品質保証体制を確立します。

日本ハムグループの農場から工場、物流拠点、営業所、店舗に至る様々な業種、業態の品質保証組織が連携し、情報を共有することにより品質保証水準を高めていきます。

3.客観的評価

外部機関による客観的評価を得て、品質保証水準を継続的に改善します。

品質保証体制を自らの視点だけでなく、外部の視点で客観的に評価し、更にその水準を高めていきます。
日本ハムグループではHACCP、ISO9001・22000、SQF1000・2000などの品質保証に関する外部認証を取得し、品質保証水準を高め続けます。

4.履歴管理

調達、生産、製造から販売までの履歴管理を行います。

安全な食品づくりは、安全な原材料の調達から始まります。原材料から商品までの各工程を通して履歴管理できる体制を整えていくことで、品質面での課題に対し迅速かつ適切に対処することが可能となります。

5.お客様とのつながり

お客様との対話を大切にし、お客様の求める品質を追求します。

日本ハムグループのお届けする品質はお客様の期待に応えるものでなくてはなりません。お客様との対話を大切にして、ご意見、ご要望を真摯に受け止め、商品を改善し、品質の向上に活かします。